11月会報 「準備万端」 大岡富雄 (講評有)

【貝本講師講評】
お祭りの場面ですが「もーいいよ!出番ですよ」と声をかけているような雰囲気が伝わってきます。白い幕に赤い着物が引き立っています。祭りやイベントでの写真においてバックヤードの様子を写真に撮るのもいいアイデアと思います。構図や露出もこれでいいと思います。

10月会報 「快晴」 大岡富雄 (講評有)

【貝本講師ひとこと】

気持ちのいい雲と空そして山々、色付き始めた稲穂がとてもいいです。また田んぼに水を引く水路そして雲の流れも遠近感が出て効果的です。地元ならではの光景でしょうか。秋に向かうこの季節は色んな空が見れます。気に入った空が有ったら迷わずに撮っておきましょう。

9月会報 「あ 落ちた!」 大岡富雄 (講評有)

【貝本講師講評】
雷のシーンですが良く撮れましたね、一瞬ですから目では見えてもなかなか撮ることは出来ません。ナイスショットです。ただ高い塔より左側は脇役として無くてもいいと思います。トリミングですっきり雷が少し強調できました。朝焼け、夕焼け、雷など自然現象が見せる光景は感動的なシーンが多いですね。

元データ

6月会報 「亡霊達の行進」 大岡富雄 (講評有)

【貝本講師講評】
面白い表現ですね。室生寺にお参りする人、まるで煙のようで不思議な感じです。両サイドのシャクナゲも綺麗に咲いており条件バッチリです。少し人の影も見えますがもう少しだけシャッタースピードを使い分けて何枚か撮れれば流れ動く人と分かるような作品もまた見たかったです。階段に当たる部分的な光りなどなかなか考えて撮られた作品だと思います。

5月会報 「山寺の春」 大岡富雄 (講評有)

【貝本講師講評】
朝もやが出た山寺の春をいいタイミングで行かれて最高のシーンを作品にされています。色も形も見事な桜、まさに日本の四季を感じる1枚です。露出などは的確です。左の緑が多いように思います。カットしてやればすっきりとしてストレートに主役に目が行きます。そして長く眺めていられます。

元データ

4月会報 「ソロキャンプ」 大岡富雄 (講評有)

【貝本講師講評】

月光の下テントを張ってキャンプをするロマンチックなシーンを作品にされています。
色合いも良く町灯りも効果的です。基本的にはこれでもOKですが右下の草木と下の黒い部分を少し整理してやれば物語性のある作品へと変わります。

元データ

3月会報 「来訪者」 大岡富雄 (講評有)

 

【貝本講師講評】
面白い所、偶然と言えばいいのでしょうか。郵便屋さんとお坊さんが我関せずと自分の仕事をしている光景。なかなか巡り合えないシーンを見逃さず撮られたところはとても良かったと思います。いわゆるハプニングですね。写真で難しいのはこういうシーンに出会えることです。右側のとゆだけを整理してバランスが良くなります。

元データ

1月会報 「残り柿」 大岡富雄 (講評有)

【貝本講師講評】
地面に所々雪が残る柿の木、絵になりますね。背景をアンダーにされたことで柿の朱色が引き立っています。縦構図で柿の木の上部の空間が多いように思います。バランスを考えてトリミングしてみました。左右上下のバランスを取ることは構図づくりにおいて重要なテーマです。

元データ