9月会報 「光放つ」 日岡弓枝 (講評有)

このエントリーをはてなブックマークに追加

【貝本講師講評】
 夕刻の光を上手く利用しましたね。鹿の角に光が当たり最高の場面です。写真は光をどのように表現するかで大きく変わってきます。鹿の角や耳に当たる光を見事にとらえました。後ろの柵がなければもっと自然で良かったでしょう。若干の露出調整と左側の鹿の顔を見せないで耳だけにした方が主役がハッキリとしてインパクトある作品になります。

元データ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA