9月会報 「どっちが早い??」 福地定義 (講評有)

【貝本講師講評】
釣り堀でくつろぐおじさんの横に現れたアオサギ、実にいいタイミングで撮れましたね。願っても無いチャンスをものにされました。このハプニングに驚かないおじさんの姿がすごくいい写真になりました。タイトルをもう少し工夫されたらコンテストも上位に行けると思います。構図や色調はこのままでもいいと思います。

★福地よりの一言。
先生からタイトルを一工夫されたらということで、「どっちが早い??」にさせていただきました。

6月会報 「水煙」 福地定義 (講評有)

奈良川上村 蜻蛉の滝

【貝本講師講評】
 滝壺を覗き込むようにして撮られた作品ですが流音が聞こえてきそうです。
少しアンダーにした方が水の表現は出来るのですが明るくすることで左上に虹が現れます。この虹をしっかり入れて撮られたらもっといい作品になったでしょう。

元データ

4月会報「水鏡」 福地定義 (講評有)

【貝本講師講評】
水面に映る女学生をとらえた作品でいいシャッターチャンスでしたね。
ここは全体像を見せず足だけを実像としそれ以外は映り込みで表現する。
どちらも入れるより効果的で想像させる面白さを狙える作品になります。

元の写真